母の日のプレゼントにはプリザーブドフラワーが人気

5月の第2日曜日といえば『母の日』ですね。
そんな母の日のプレゼントといえばカーネーションが定番ですね。
ただ定番過ぎて、流石にカーネーションばかりでは・・・、
となってしまいますね。

最近では母の日のプレゼントとして、プリザーブドフラワーが人気があります。

もしあなたが「今年は何をあげよう??」
と悩んでいるのであれば枯れることのないプリザーブドフラワーを
プレゼントされてみてはいかがですか。

スポンサードリンク

プリザーブドフラワーとは?

生花を特殊液に漬け水分を抜くことにより、生花のような状態を長く維持出来るように
した花のことを言います。
また着色することもでき、生花にはない花を作り出すこともできます。
例えば、レインボーとか生花には無い色の花とかですね。

スポンサードリンク

生花にはないプリザーブドフラワーのメリット

生花は枯れてしまいますが、やはりプリザーブドフラワーは枯れない
ということが挙げられます。
水もなにもあげなくていいので世話いらず、
特に面倒くさがりには喜ばれそうですね(笑)
ただ、ほったらかしにしておくとほこりだらけになってしますので、
誇り落とし等はマメにやってくださいね。

プリザーブドフラワーの保存方法

特に雨が多い季節は湿気に気をつけた方が良く、
乾燥剤を入れて箱に入れたままで良いでしょう。
シナシナになってしまっては元も子もないですからね。

そのまま乾燥剤を入れてしまっておくことで色あせず長期保存が可能です。
通常2~3年は軽く保存ができると思います。

最後に

さて、いかがでしたか。

プリザーブドフラワーは最近は本当に人気が出てきており、
ネット通販はもとより花屋さんやスーパーでも購入すること
が出来るようになっています。
それだけメジャーな存在になってきているということですね。

もちろん、母の日のプレゼントだけではなく、
その他のプレゼントにも使うことが出来ますね。

プリザーブドフラワーは枯れない花ですので、意味を持ってプレゼントするのなら、
「いつまでも元気でいて」や「長生きしてね」などの意味合いを込めて送ってあげて
くださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。